サックスの吹き方 マウスピースの咥え方上前歯マウスピース

マウスピースが&。アルトサックス半年の初心者 マウスピースの咥え方ついて質問 文献次のような指導多々 「 マウスピースの咥え方上前歯マウスピースまま当てて固定、上唇マウスピース添えるよう咥えます 下前歯まま当てず、下唇下前歯の上くるよう巻き込んだ状態で下咥えてください 」、個人的、上唇のみマウスピース当て上前歯フリー状態の方音安定ます 上前歯マウスピース固定する理由?利点でょうか サックスを吹いてみよう。一般的なリード。リガチャーの取り付け位置は。写真のように。マウスピースに
付けられている1本の線の下側の線に。リガチャーの上端部をそろえれると良い
下唇の。唇の色が変わる場所のちょうど裏側に。下の前歯を当てます。 咥える
というよりは。当てると言う程度。優しく咥えます。自分の吹きやすい位置に
固定できます。この降りてくるときの息量。唇の形などが正しい形で。下から
上がっていくと。ついつい息量を強くしたままで上手くいかないことが多いです
ね。

クラリネットが上手く吹けない。ぼくの大好きなクラーリネット?」という楽曲を一度は耳にした事があるのでは
ないでしょうか。その曲に出てくる「ぼく」は。パパからもらったクラリネット
の音が鳴らなくて苦戦している歌だったかと思います。 実は。マウスピースの咥え方上前歯マウスピースまま当てて固定上唇マウスピース添えるよう咥えますの画像。アンブシュアから考える効率の良いブレス。今回は。アンブシュアマウスピースのくわえ方の面から。効率の良いブレス
について考えていきましょう。マウスピースの固定の仕方このように「うー
」と言っているかのような形は。上唇に力が入っているにも関わらず。口全体は
ゆるんでしまうので。音程この時に。吹いている時と同じ圧力で歯を当てて
おく挟んでおくことが大切です。 この状態のまま。開いている部分から。体
の中の余分な息を吐き出し。そして目一杯空気を吸い込みます。

サックスの吹き方。マウスピースの咥え方ですが上前歯はマウスピースにそのまま当てて固定。上唇
はマウスピースに添えるように咥えます。下前歯はそのまま当てず。下唇が下
前歯の上にくるように巻き込んだ状態で下から咥えてください。サックスにおける理想的なアンブシュアマウスピースの咥え方。られます。サックスの上達を目指すなら。まずは理想的なアンブシュアを
素早く整形できるよう意識していきましょう。しかし。ベースとなるマウス
ピースの咥え方を覚えないことには。より良いアンブシュアを作ることは
できません。基本的な形としては。まず上前歯をマウスピースに立て。下前歯で
下唇を巻き込みながらリードに当てます。この時点そして。マウスピースを咥
える際は上下の力を緩め「添える程度」の力で咥え込みましょう。慣れるまでは

サックスマウスピースの良い咥え方と悪い咥え方。一言で「咥え方」と言っても。上下の歯と唇のあて方。咥える深さ。タンギング
の舌の位置。リードへの当て方。口腔内の形状。口輪筋の使い方等複雑な要素が
入り混じっています。 単純な分類としては。「上の前歯をマウスサックスのアンブシュア8つのコツ。アンブシュア咥え方はサックスの音色や息の減り方。音の出しやすさに影響する
非常に重要なポイントです。 噛みすぎて下唇が痛くなる; 下顎にしわが
よって梅干しのようになる; 音が詰まっているときは前歯のは上唇と唇の横
を締めて息が漏れないようにする; 下唇は強く噛まずに当てるだけ; 舌の
位置は「エ」の噛むことによりリードとマウスピースの間が狭くなり音は出
やすくなりますが。リードの振動が妨げられ効率良く振動しません。

マウスピースが''動いてしまう事を防ぎ易い事が利点ですまだアンブシュアが安定せず自分のコントロールで動かせない場合は安定し易いです私はシングルリップでシンリップのアンブシュアが基本ですが歯は動かせる様に軽く当てているだけですまた場合によってダブルリップもファットリップも使い分けていますダブルリップは利点も多いので安定した演奏が出来るなら問題無いと思います両方使い分けが出来ると尚良いでしょうね!固定された正解のアンブシュアは存在せず音程や音色をコントロール出来る柔軟なアンブシュアを研究すると良いと思いますよ吹奏楽器を演奏する上で最も重要なことの一つに「アンブシュア咥え方」があり、またそれぞれの楽器によっても異なります。アンブシュアが正確にできていないと、満足な演奏音質?音色?音程?アーティキュレーションなどはできません!coc********さんのご質問ですが、わたしはサックスのアンブシュアは、文献のとおり「マウスピースの咥え方ですが上前歯はマウスピースにそのまま当てて固定、上唇はマウスピースに添えるように咥えます。????。」に咥えることが正解です。サックス教則本でこれ以外の説明を見たことはありません。さらに補足すれば、咥える口は発音の「お」または「う」の形にして口全体でマウスピースを咥えます。決して「い」の形で横方向のみの強く引かないことです。また下唇も歯を深く巻き込まずに、浅めにすることです。ちなみに?下唇だけを巻き込んだアンブシュアを、「シングルリップ」?下唇と上唇両方を巻き込んだアンブシュアを、「ダブルリップ」と言います。ところで、上の歯を直接マウスピースに固定する理由?利点は「アンブシュアを安定させる」につきます。極端に言えば、このアンブシュアの状態でサックスのネックを他人が軽く引っ張っても口から外れることはありません。反対に下唇だけでなく上唇も巻き込んでの演奏はアンブシュアがフワフワして安定しないために、上記の満足な演奏はまず無理でしょう。サックス奏者のほぼ100%に近い方があなたが見た文献どおりのアンブシュアで演奏しています。わたしは、今まで両方巻き込んだ演奏者は見たことがありませんよ。万一いたとしてもその奏者は特殊な演奏者だと思います。補足としてリードを使用するのは木管楽器ですが、リードには数種類の形状があります。その中で主なものとして、サックスやクラリネットで使用する「シングルリードこちらはマウスピースが必要」、そしてオーボエ、イングリッシュホルンやファゴットバスーンで使用する「ダブルリードこちらはリードがマウスピースも兼用しています。」があり双方を比較した場合、シングルリードは下唇だけを浅めに巻き込む、そしてダブルリードは下唇と上唇両方を巻き込んだアンブシュアで演奏します。よくよく考えれば、リードに直接歯を当てれば正しく振動できませんから、このような咥え方の違いがあるのです。最後に、あなたは「個人的には、上唇のみマウスピースに当て上前歯はフリー状態の方が音が安定します。」と言っていますが、できるだけ早く文献どおりのアンブシュア正確なアンブシュアに変えてください。次第に慣れてくるから大丈夫ですよ。頑張ってくださいね!音楽を楽しみましょう!前歯をマウスピースに当てる理由?利点は「安定させやすい」からだね^^/歯を当てるアンブシュアは、ストラップ+左右の親指+前歯だけで確実に楽器を安定させることができる。前歯を当てずにストラップと左右の親指だけでは楽器を固定できないでしょ?さらに、タンギングの際に舌でリードに触れてもマウスピースが動かないし、楽器が固定されているから指がガンガン動いても楽器が揺れる事を押さえられる。ついでに、歯を当てる事でアンブシュアのコントロールの一部を顎が担う事も出来る。これらを総合して「安定した演奏」を可能とするアンブシュアだということ。これを「シングルリップアンブシュア」と呼びます。これに対し、あなたのように前歯を当てないアンブシュアを「ダブルリップアンブシュア」と呼びます。このアンブシュアを採用している奏者も少なからずいます。サックス奏者だけじゃなく、クラリネット奏者にもダブルリップを採用してる人も居ます。つまり、あなたの読んだ文献は「唯一の正しいアンブシュア」ではないという事だね。では何故多くの教則本にはシングルリップの方ばかり書かれているかというと、シングルリップの方が「初心者でも安定させやすく、間違いの少ない、間違っていても何とかなるアンブシュア」だからだね。ダブルリップも利点はたくさんあるんだけど、安定させにくい事を始めとしてデメリットも多いからね*^-^*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です