人を雇うときのルール ?就業規則労働条件の具体的な細目労

?強制加入の公的年金保険制度は、原則として、国民年金と厚生年金の二階建て構造になっている。?強制加入の公的年金保険制度、原則て、国民年金厚生年金の二階建て構造なっている
?第1号被保険者、性別問わず第二号被保険者扶養されている、年収100万円未満の20歳以 上60歳未満の配偶者である

どちら正解でょうか

?3つの効力の関係、最強いの労働協約、次就業規則、そて最弱いの労働契約である
?労働協約、個々の労働者使用者、給料対価労働の提供約束する契約であり、労働基準法規定されている労働条件の最低基準達ない場合無効である
?労働契約、労働組合使用者の間で労働条件などついて結んだ文書よる協定 労働契約の基準個々の労働者の労働協約の内容規律するこ、労働契約違反する労働協約の部分無効である
?就業規則、労働条件の具体的な細目労働者守るべき職場のルールで、労働基準法で常時5人以上雇用する使用者、作成てハローワーク届ける義務ある

1番最適なのどれか

あ、公的年金保険「公助」「共助」「救貧」「防貧」の4つのうち2つ、どれかわかり ハローワークインターネットサービス。例外事由労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の
充実等に関する法律施行規則第条の第項男性人。女性人」等男女
採用予定人数を決めて採用する。または。男性女性の選考を終了した後で
女性男性の選考をすること。労働基準法等の規定により女性を就業させて
はならないと定められている職務供給される労働者が従事すべき業務の内容
及び賃金。労働時間その他の労働条件を明示しなければなりません職業安定法
第条の。

人を雇うときのルール。労働条件の明示労働契約を結ぶときには。使用者※が労働者に労働条件を
明示することが必要です。 さらに。特に重要な次の項目については。口約束だけ
ではなく。きちんと書面を交付する必要があります労働基準法第条。
常時人以上の労働者を雇用している会社は必ず就業規則を作成し。労働基準
監督署長に届け出なければなりません労働雇用保険制度への加入は事業主の
義務であり。労働者は自分が雇用保険制度へ加入しているかどうか。
ハローワークに

?強制加入の公的年金保険制度は、原則として、国民年金と厚生年金の二階建て構造になっている。??第1号被保険者とは、性別を問わず第二号被保険者に扶養されている、年収100万円未満の20歳以上60歳未満の配偶者である?3つの効力の関係は、最も強いのが労働協約、その次が就業規則、そして最も弱いのが労働契約である。??労働協約とは、個々の労働者と使用者が、給料を対価に労働の提供を約束する契約であり、労働基準法に規定されている労働条件の最低基準に達しない場合は無効である。??労働契約とは、労働組合と使用者との間で労働条件などについて結んだ文書による協定。この労働契約の基準が個々の労働者の労働協約の内容を規律することから、労働契約に違反する労働協約の部分は無効である。??就業規則とは、労働条件の具体的な細目と労働者が守るべき職場のルールで、労働基準法では常時5人以上を雇用する使用者は、これを作成してハローワークに届ける義務がある。公的年金保険→共助と防貧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です