担保権の設定 あるい不動産の譲渡担保権の設定受けるかC不

Bが承諾すれば可能まず無いでしょうが。どなたか、ご教示ください

債権者A債務者Bおり、C債務者Bの保証人なり
B不動産、Aのため抵当権設定されていません 状況で、B弁済できなかなったき、保証人C弁済なければなりません
こういう事態なったきのため、CBの不動産抵当権の設定受けるこ可能なのでょうか
あるい、不動産の譲渡担保権の設定受けるか、C不測の事態備える、ような方法あるのでょうか

よろくお願います 動産譲渡担保法立法私案。生熊長幸「不動産譲渡担保法立法私案」立命館法学?号?頁〔年
〕。 鈴木竹雄=また,現在では,譲渡担保権設定者が法人である場合には,
「動産及 び債権のに供するよう,与信者融資者から強要される事態が
懸念されること,定による引渡しを受けたままであるから,このようなことは
,通常起こり法があるとされてきたが,いずれが原則的な方法であるか
については,必不動産の所有権移転登記を備えさせることが容易であるので,
しばしば設

担保権の設定。売掛金を確実に回収するための方策はあるのでしょうか。債権回収を確実に
するために最も有効な方法のひとつとして「担保権」を設定することが一番です
。1 当該企業が不動産土地?建物を有している場合いるような
場合には。価値のある動産備品?機械類に譲渡担保権をつけておくことは
債権回収にとって有効な方法といえます。債権質という形で質権を設定したり
。万が一。債務者が代金を支払えなくなった場合には。その債権の債権譲渡を
受ける合意を譲渡担保。譲渡担保とは。担保の目的物の所有権を設定者債務者又は物上保証人から
債権者に移転する方式の担保です。のような有体動産の場合は。通常。設定者
は所有権者たる債権者からその目的物を借り受けることにするので。従来どおり
しかし。譲渡担保は目的物の所有権を債権者に移転しますが。その目的物自体
を債務者設定者の手元に置いておくこれに反し。担保権者が目的物である
動産を占有している場合とか。担保権者名義に移転登記がなされた不動産である
場合に

Bが承諾すれば可能まず無いでしょうが。、単なる保証人でしたら『Bは不動産持っているのだから、Bから取りなさい』と、CはAに言う事が出来ます。↑は催告の抗弁を正しく理解していない人の典型的発言です。この主張はあくまで、主たる財務諸表に催告せずに直接に保証人に来た場合に言えるだけで、催告済み又は主たる債務者が行方不明や破産開始決定を受けている場合は出来ません。連帯保証人だろうが保証人だろうが、債務者が払えなければ払わなければならないのは変わりません、そのタイミングが違うだけです、CがBに対して抵当権設定等を依頼することは可能ですが、それをBは拒否することはできます。すなわち、Cは、担保の設定権を有してはいません。もし、CがBから委託を受けていれば、委託を受けた保証人の事前求償権民法460条を被保全債権として、当該不動産を仮差押え民事保全法20条をすることが一般的に考えられます。委託を受けない場合については分からないですが、弁済して、すぐに仮差押えだと思います。『Bが弁済できなかなったとき、保証人Cが弁済しなければなりません』※、連帯保証人でしたらBとC連帯して債務を支払うので言えませんが、単なる保証人でしたら『Bは不動産持っているのだから、Bから取りなさい』と、CはAに言う事が出来ます。『CはBの不動産に抵当権の設定を受けることは可能なのでしょうか? 』※、べつに、Cが望んでBが了承すれば名目理由は別として、いくらでも設定できますよ。『Cが不測の事態に備えるには、どのような方法があるのでしょうか? 』※、でしたら最初からAにBからの担保としてBの不動産に担保設定するように助言されるか、Bの保証人には成らないという事でしょう。※、でしたら最初から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です