新型コロナ 新型コロナウイルスでイタリアの死者数463人

中国では、感染が終息したようです。新型コロナウイルスでイタリアの死者数463人なった 感染者数韓国抜いて9,000人以上 https://headlines yahoo co jp/hl a=20200310 00000011 kyodonews intイタリア。イタリア市民保護局は9日。新型コロナウイルスの完全による死者数が97人
増加率は24%と。国内で感染が確認された2月21日以降で最高となった。イタリア死者463人に。ローマ共同イタリア政府は日。新型コロナウイルスに感染した死者が前日
より人増え人になったと発表した。感染者は人増の人で韓国
を上回った。日時点で。死者?感染者ともに中国に次ぐ世界で番目の多さと
なった。随時更新九州の感染者数の推移と国内の感染状況

イタリア。イタリア市民保護局は9日。新型コロナウイルスの完全による死者数が97人
増加率は24%と。国内で感染が確認された2月21日以降で最高となった。新型コロナ。新型コロナウイルス感染症によるイタリアの日平均の死者数は人程度になっ
ている。これはブラジル。米国に次ぐ規模だ。今年イタリアで確認された新型
コロナによる死者数は約万人で。欧州では最も多くなってイタリア死者463人に。ローマ共同イタリア政府は9日。新型コロナウイルスに感染した死者が前日
より97人増え463人になったと発表した。感染者は1797人増の9172
人で韓国を上回った。9日時点で。死者?感染者ともに中国にイタリア。イタリア国内での新型ウイルスによる死者は。日に人増え。計人に
跳ね上がった。新型ウイルスが発生した中国に次ぐ人数となった。 イタリア政府
によると。感染者数は日時点で人に上っている。前日日

イタリア死者463人に。ローマ共同イタリア政府は9日。新型コロナウイルスに感染した死者が前日
より97人増え463人になったと発表した。感染者は1797人増の9172
人で韓国を上回った。9日時点で。死者?感染者ともに中国にイタリア?新型コロナウイルス死者463人に。感染者数は9172人。増加率は24%と。国内で感染が確認された2月21日
以降で最高となった。 これまでに感染世界の死者4000人超。死者数は中国本土3136人。イタリア463人。イラン237人。韓国53人
。スペイン28人。米国22人。フランス19人などとなった。 関連ニュース
新型コロナウイルス また。これまでに世界で確認された感染

世界の感染者463万人余り。アメリカのジョンズ?ホプキンス大学の日午後3時時点の集計によりますと。
世界全体で。新型コロナウイルスの感染が確認された人は万人。
亡くなった人は万人となっています。 続きを読む

中国では、感染が終息したようです。「中国の保健当局は9日に国内で新たに感染が確認された人は19人だったと発表しました。新たな感染者は3日連続で50人を下回りました。」中国では、現時点では、日本からの感染を恐れているようです。日本で、コロナ対策を万全にすれば外出はできると思いますが、超音波加湿器を使っている施設には入らないようにする事。コロナウイルスの感染者の増加の統計グラフ:が出ました。グラフで表されている「感染者数の増加」が、本当の感染者数を表しているのか、単に、患者のコロナウィルス検査数の増加数を表しているのか、グラフには2つの意味があります。検査数の累計のグラフで、2月13日から急に「感染者数」が増えている理由は、コロナウイルスの感染はもっと以前から起きているので、コロナウィルスの感染の増加によるものとは考えにくく、患者のコロナウィルス検査数の増加数を表している感染者は増えていないと考えられます。NHKの情報:神奈川県で少なくとも811件検査:この時点て24名発見?0.03が感染東京都が704件検査:この時点で29名発見?0.04が感染コロナウイルス検査数の30分の1で感染者を発見しています。国内で、感染した人が最も多く確認されている北海道は、期間中の詳しい集計ができていないということです。3月8日時点で検査数7347に対して陽性者数439人で、17分の1が感染者発見となっています。しかし、北海道での検査数が集計されていないと思うので、検査数7347という検査数には北海道の検査数とても多いと思うが入っていない、検査数はもっと多い、と思います。そのため、検査の17分の1では無く、30分の1で感染者を発見していると思います。風邪の発熱が続いているだけの人を検査しても、この、30分の1の率で新型コロナウイルス感染を発見するのではないかと考えます。コロナを心配する風邪の30分の1程度が新型コロナウイルス感染だろうと思います。コロナウィルスの毒性については、中国での、新型コロナウィルス致死率は、患者数と死者数による単純計算での3.1%では無く、実際の患者数は統計よりももっと多いだろうと考え、1%以下の致死率ではないかと推測していました。韓国では、3月5日までの、韓国のコロナウィルス感染者累計は5766人、死者は35人が検出されました。これから死亡率を計算すると、35/5766=0.6%検出できない軽症患者もいると考えると、コロナウィルスの死亡率が0.6%以下であることがわかりました。死亡率が中国よりも正確に計測でき、インフルエンザの死亡率0.1%に近い死亡率の情報が得られました。そうは言っても、普通のインフルエンザの致死率の0.1%より高い死亡率であって問題が大きいので、感染への危機対応は的確で必要であったと思います。また、コロナウィルスの毒性は、子供に死者が出ていない事から、通常のインフルエンザの死亡率0.1%程度ではないかとも考えられます。死亡率が0.1%だとすると、クルーズ船以外での国内死亡者が10人なので、国内感染者は1万人いると思います。1万人のうち、3月10日11時で、まだ510人しか検出できていないと思います。通常のインフルエンザに感染しても、1週間は静養しないといけない等の大ごとになります。それと同じくらい危ないと考えたら良いと思います。風邪従来型コロナウィルスが30%程度もこじらせると肺炎になって重体になる事もありますので、とにかく良く休む事が大事と思います。新型コロナウィルスは、今までの風邪の流行と同様に流行していると思います。風邪はうつされますので新型コロナウィルスも同じくうつされます。しかし、コロナウィルスが軽症だといって安心するのでは無く、風邪?にかかったら、30分の1の確率で新型コロナウィルスの感染者になった可能性があるので、人に風邪?コロナウィルスをうつさないよう外出を控えて欲しいと思います。軽症のコロナウィルス感染があったときに、それを人にうつさないように注意して欲しいと思います。コロナ感染者の回復?退院のグラフを見ると、退院している人数が3週間前の感染者数程度なので、国内で感染が確認された人のうち、3月6日までに症状が改善して退院した人は、クルーズ船の乗客乗員を含めて合わせて311人コロナウィルスに感染して軽症な人が、それを他人にうつさなければ、その人自身は3週間で回復して、感染者風邪に似た軽症者がいなくなると思います。そうなると、この非常事態は終わると思います。風邪?程度の軽症の感染者がどれだけ人にコロナウイルスをうつすかによって状況が変わると思います。感染が拡大するメカニズム:感染拡大は空気がよどみがちな閉じた環境感染者の75.4%にあたる83人は調査時点で誰にもうつしておらず、一方で、1人から別の2人以上に感染が広がった11の事例:ほとんどが屋内に多くの人が集まる閉ざされた環境で起きていて、中には1人から9人、12人に感染が広がったケースもありました。ここで大事な情報は、感染者の75.4%にあたる83人は誰にもうつしていないことです。新型コロナウイルスの感染者の75%は人にうつしていません。コロナウイルスの感染は、感染者のせきやくしゃみによる飛沫2m先まで飛ぶこともあるから感染します。コロナウイルスは銅や鉄などの表面では2時間程度生き、段ボール紙やプラスチックなどの表面ではさらに長時間生きますが、1日以上は生きていないと思います。感染者の飛沫が口の中や顔に付着しないようにするために、マスクは有効です。また、満員電車などで、感染者の2時間以内の飛沫が付着した物から飛沫が手に付着する恐れもありますので、なるべく手洗いを必ず実施しましょう。くしゃみの飛沫をふりかけられた顔も洗った方が良いと思います。また、洗わない手を口に入れたり、目などに触らないようにしましょう。ダイヤモンド?プリンセス号ではコロナウイルスが「空気感染」した疑いが高いのではないか、コロナウイルスは空気感染するのではないか、と言う人もいるかもしれません。「ウイルスは小さいので、空中のほこりと同様に空中にただよい空気感染する事が可能ではないか」という意見が考えられます。しかし、ウイルスが空中にただようためには、先ず、感染者のせきやクシャミ等の液状の飛沫から外に出なければなりませんが、液体の表面張力に引っ張られて、飛沫から外に出るのは困難ではないかと考えます。飛沫が乾燥したらしたで、その飛沫が付着していた物体に静電気で引き付けられていて、浮遊するのは大分困難と思います。ウイルスを空中にただよわせるためには、感染者のせきやクシャミの飛沫を人工的な方法で更に細かく分けて、飛沫単独でも空中を漂うことができるだけ小さな粒に加工する必要があります。その方法として、超音波加湿器で、水中の細菌を、超音波で細かくした水の粒に入れて空中を漂わせているように、同じ様にして超音波加湿器でコロナウイルスを空中にまき上げて空中にただよわせる事は可能と思います。感染に無知な人が、超音波加湿器でウイルスを入れた水を空中にまき散らす事も考えられるので、そのような事はさせないよう、安易に超音波加湿器は使わせないよう、注意する事も必要だとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です