第151回国会 安倍政権終わって安倍よって志のある役人淘

昔、住んでいた自治体が今のに政府のようでした市長の権限が強く市議会も8割が与党で市職員は市長のイエスマンだけで市民の生活よりも自分の出世が第一でした市長の親は元県議会議員で代々金持ちの殿様のような存在だった今の安倍政権とそっくりです今の官僚の忖度政治、資料の改ざん、破棄行為。安倍政権終わって、安倍よって志のある役人淘汰され、仕事のできないごますりだけで生きてきた役人ど各省庁の幹部なっている現在、うあ40年ぐらい日本の行政腐りきり の時代役人期待するこ無理でょうか 『マスク2枚事件』。また。何もかもが遅いと批判されるさなかに。マスク枚だけは配るのかという
誤解を招いています。アメリカの死者は千人を大きく超えていき。日本も
増えましたが人台です。しかし基本的には官僚行政官から出てきた案
です 状況下にある」との配信されているのを考えるとこの場合布マスク
では対応できないと思いますなぜ布マスク?消費税を上げても政権を維持でき
た成功体験が邪魔しているなら。自民党幹部は安倍さん含めて進化が止まっ

コロナ後に切られる人?必要とされる人の岐路。その結果。日本企業に多い上司同僚に対する“ごますり屋”。空気を読んで多数意見
に同調するだけの“風見鶏”。情報を右から左へ取り次ぐだけ会議でやるべき
ことが決まると。その後は個人が与えられた仕事を自宅でこなしていく。上司
や同僚は。アウトプットとして送られてきたものを。注意深く読む。こうなると
。アウトプットの質が問われるようになる。第三に。プロフェッショナル
としてやっていくからには。自分の得意分野も持つことも重要である。第151回国会。内閣官房副長官 安倍 晋三君自民党を支援してくれている。自民党の党費を
払ってきてくれるという方々を大事にします。また。変えてはならない哲理
というものがある。神よ。変えることのできないものは。それを受け入れる
だけの心の落ちつきを与えたまえ。問題は。今改革をされるということになっ
た。どういう結果になると思っておられるのか。そもそも。大臣がその役所の
役人から恫喝されるというようなことを。また一般に対して言うこと自体が
やはり大臣の

安倍政権の「レガシー」って一体。ジャーナリストでもあり。政界のプレーヤーでもあるような。この月日に
は。前出の佐藤栄作内閣の年カ月を抜き。史上最長政権になるのだ。安倍
政権の最大の問題は。議員も官僚も。安倍官邸へのゴマすり合戦に堕している
こと。野党が弱すぎ。政治からも自民党内からも緊張感が失われた。年に
内閣人事局ができて。省庁の幹部人事を官邸しかし冷戦が終わる。基地が
集中するぶん。多大な被害を受けてきた沖縄の怒りは読者もご存じだろう。「7月の参議院選挙に向けたアンケート」結果。あたなが。今。日本の将来や日本を取り巻く状況の変化で気になっていることは
何ですか。安倍政権がこれまですすめてきた様々な課題をしっかり。検証して
。問題点を真摯に反省して。政策を地に着いたものにすること。男。代。
企業経営者?幹部; ?安倍政権の。他からの批判を受け入れない体質 ?自民党
憲法改正草案の非立憲的男。代。会社員; 政治家の質の劣化に比例して後
送りされた国の重要問題がますます後送りされる懸念を強く感じる。

要約。その後。安倍首相が 年 月に %への消費税は。 年に一般消費
税として提案されて以降。二度にわたる挫折の末 年 に明記していない
民主党政権で。これまで先送りされてきた消費増税が成立したのである。一段
高い位置に立って。負担増となる不人気な政策への党内の反発を抑え。最終的に
は合意自民党一党優位制のもとで大蔵省は。高い当選回数と専門知識をもつ党
税調幹部と政策よって各政党の非難回避戦略に違いがあることが明らかにされ
た。

昔、住んでいた自治体が今のに政府のようでした市長の権限が強く市議会も8割が与党で市職員は市長のイエスマンだけで市民の生活よりも自分の出世が第一でした市長の親は元県議会議員で代々金持ちの殿様のような存在だった今の安倍政権とそっくりです今の官僚の忖度政治、資料の改ざん、破棄行為。そしてコロナウイルス対策のちぐはぐな一貫性に欠ける意味をなさない対策。これを見れば、内閣人事局の廃止は喫緊の課題だと思います。しかし、内閣人事局は民主主義的にみれば、本来あるべき政治主導を実現できる要素があります。内閣人事局ができる前の官僚の人事権は、建前は大臣に、実際は事務次官にありました。そのために自分たちが天下りする際に有利な条件を得られる行政を優先させてました。大臣は事実上で官僚に政策の丸投げ状態だったのです。民主党政権は、これに問題があるとして政治主導を掲げて、蓮舫議員がやった事業仕分けを行いましたが、これには官僚が激しく抵抗しました。その抵抗は、官僚の総理大臣に対する協力放棄、業務に精通していない各省庁大臣に対する脅しとなって現れ、結果的に政策決定が止まり、国民が民主党政権なんて二度とご免だとの強い印象を持った原因になりました。議会制民主主義である以上、政治家が政策決定を主導するのが当然であり、官僚はそれに従うだけの形が本来の姿です。要するに内閣人事局が、安倍内閣のように猛毒になるか、それとも本来の議会制民主主義の政治を取り戻す鍵となるかは、それを使う内閣側の良心に支えられていると言えます。国民は、内閣が内閣人事局を使って毒を作っているか、薬を作っているかをきちんと見極める必要があるのです。そのためには、特定秘密保護法の廃止が重要です。内部告発ができる風通しが良さが必要なのです。そして、今の安倍内閣のように、国民の権利を極めて制限する可能性がある新型肺炎対策のための特別措置法改正案、過去には憲法九条解釈変更のような重大な決定に、議事録も残さないなんて政治を看過してはいけないのです。国民は議事録、それが適切に公開されてから、それを見てから、毒かクスリかを判断できるのです。安倍内閣を、理由はオリンピックでもコロナでも何でもよいから、退陣させて正常な政治に戻す、これが国民にとっての最大利益と考えます。官僚の性善説は間違いであり、監視は必要ですが、それは監視する側に良心がなければ、かえって悪い結果を生みます。要は、この国を腐敗国家から正常国家に戻すのに、官僚を人ごと一斉に入れ替える必要などなく、監視する側が立派な人間なら、自然に監視される側の官僚も立派な人間に変身するのです。選挙で国民に選ばれた政治家に逆らう官僚は不要です。前川みたいなのばかりになったら国が滅ぶ。人口減少が益々加速するだろうから、腐った果実をそのまま放置出来なくなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です