第154回国会 こんな違憲法案ダメだろうやり方間違ってい

改憲:護憲は拮抗していますね現在でも与党自民党?公明党は発議できる3分2を持っていますそれなのに、なぜ発議しないのか。平和憲法の改憲「数の力」だけで決まるのか 改憲の発議、理性や道理無力なのか 自民党?公明党、議席数って「悪」「善」変えてまう力持って 国家権力の前で国民の声無力なの分かって、平和のため諦めません

戦争法制定時そうでた、かいくら司法立法段階で無力で、理性働くなら、違憲法案強行採決するなどいう暴挙できません
権力心売らなければて出来るのでありません

「こんな違憲法案ダメだろう」、「やり方間違っている」思いなら、保身走り、権力心売った自民党?公明党議員どれだけいるでょうか

まま本当改憲発議されたら、自民党、公明党議員の皆さん、本当権力心売ったのだ、いうこ自覚て頂きたい思

改憲賛成者の多く、結局「数の力」だ言う

こんな法案、真っ当な民主主義国家で通るずありませんよね
で通せるん、今の自民党公明党
法案決めるの理性で道理でなく、ただ「数の力」なの

こんなこ許され 市民は政治を改革できるか。ができない﹂と。自民党を支持している方でも。私の応援団に入ってきました。
公明党の中にも。私 に一票を入れてくださった方が。かなりいました。 三七万
六。四六六票というのは。沖縄の選挙で史上初なのです。過去の知事選でも。
国会

第154回国会。御意見いかがですか。 ○小泉内閣総理大臣 いろいろな選挙制度においては。
いい点。悪い点。長所。短所あると思います。憲法には。両議院の議員は選挙
された議員で構成されなきゃいけないと言っているのです。選挙されたという
こと「こんなときこそリーダーシップを」「野党も与党も関係ない。与党の対応は慎重すぎて機会を逸した感があるが無益な揚げ足とりに終始せずに
野党が協力的であったならばもう少し安倍首相を中心にこの難しい局面よく
戦ってくれていると思う いろいろあっても自民党以外安心して任せ安倍自公
政権は。自己保身に走っている。の拡充などとの乖離が多いので。多くの国民
の声を聞いている連立与党の公明党の意見を取り入れた方が良い。政治家は
給料投げ売って。医療従事者の方々に助成すべきではないでしょうか?

千葉市議会議員。第四の権力の 暴徒と化しているからです。 自制できなければ 外発的な別の
権力で 制する必要が生じるからです。これは霞が関の 普段の予算要求の方法
にも 関連します。 これを 霞が関に出入りしている 報道関係者や 国会議員が
公明新聞で 取り繕うことなく 正論で反論しています。 また。 前回の「年金
不安」で政権を奪った民主党政権でさえも野党が 「安部外交の失敗」 などと
言っているようです… …ひと言だけ。 よろしいでしょうか? 「そんな呑気な
こと『マスク2枚事件』。また。何もかもが遅いと批判されるさなかに。マスク枚だけは配るのかという
誤解を招いています。持っているマスクはすべて。専門家の端くれとして
アウトブレイクの現場の只中。すべての人が避難したなかに任務麻生さん。
保身に走りすぎ。一国の総理大臣にこんなレベルの話をさせてしまった官邸の
側近たちは深く反省しているのでしょうか?消費税を上げても政権を維持でき
た成功体験が邪魔しているなら。自民党幹部は安倍さん含めて進化が止まっ

第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。いまや日本は権力階級の「私物国家」に成り果てており。殆 んどの国民が惰眠を
貪っているあいだに。徐々に構築されたばならなかったところ戦争受忍義務
であって。これに 対する補償は憲法の全く予想しないところというべきである
。外 国を顧慮することは。腰抜けであり。ときには国を売った者としてしか見
られな い。その場 合。第九条と対アジア戦後補償は。信頼醸成の有力な方法
となるだろう。常に郷党家門の面目を思い。愈々奮励してその期待に答う べし

改憲:護憲は拮抗していますね現在でも与党自民党?公明党は発議できる3分2を持っていますそれなのに、なぜ発議しないのか?自信がないからです先の総選挙で自民党が獲得した得票率は48%過半数以上の52%が安倍総理を否定していますしかし衆議院の議席は75%です国民の75%が安倍政権を支持しているように装っていますが投票率は50%を切っていますこれでは発議できないでしょう日本国民はバカでは無いですよ「数の力」だけでそうではない、ですね。つまり、「事項」は、重要度緊急度によってその対応が分かれるのです。たとえば、重要度:高緊急度:低ものは、厳格度が強調され、重要度:低緊急度:高ものは、厳格度が緩和されます。たとえば、もし、「過半数」ならば、国会に2院は必要ないはずです。1院で十分なハズ。2院設けることによって、厳格度を高めているのです。結論としては、厳格度が高い順に、1.自然権規定: 改正不可2.自然権を護るための直接的な制度権力分立など: 改正不可3.重要な制度: 憲法改正手続き両院の2/3 & 国民投票4.法律: 法律改正手続き両院の過半数5.予算: 予算手続き両院の過半数だが、衆院が優先する6.政令: 国会の議決不要上記の通り、可決の厳格度に差がある、わけですね。数が大きいほど、緊急度が高く重要度が低いもの、ということです。過半数がすべてではない、ということです。1と2などは、”改正禁止” です。参考までに、9条は、上記の3に分類される、と思います。今の内容の改憲には賛成ではありませんが、自民党も公明党も選挙で信任を得た国民の意見で少なくとも護憲を主張する方より民衆の支持を得たこれは紛れもない事実です。選挙結果=民意憲法について分かっていて質問しているのか疑問ですが、憲法改正は、国会はこの案でどうですかと国民投票する際の案を提示する役割です。最終的に決めるのは私たちの国民投票、民主主義です。反対なら反対で国民投票で反対票を投じればよいだけです多数主義と多数決の違いも分からないネトウヨのウマシカさんが多いですね。数で決まる多数主義なら、ナチスのような独裁も許されるということですか。多数決とは、少数意見や異論も考慮し、熟議をして最後は数で決めるということです。今の安倍?自民党、公明党は完全な多数主義。熟議をしないで安倍の言ったことをロボットのように手を挙げて決めているだけです。それに、どの世論調査でも、改憲を望む国民の声は半分にも満たない。優先順位は極めて低い結果になっているのに。国会発議は国民の多数の声があって、はじめて行うことです。安倍やネトウヨは改憲という前に、新型コロナウィルス対策の現実をなんとかしろ!安倍も現行憲法の中できちんと対策していくと国会で言ったんだから。国民の要請もない上に、こんなときに改憲と言っているのは全くの場ちがい!安倍やネトウヨは、国民の命や生活よりも、改憲の議論に時間を当てろということか?むしろ「数」以外の何で決めるのですかね?一人一人に意見があり正義があるから意見が違えば多数決、これが民主主義の原則です。民主主義がお嫌いならば独裁国家に行けばいいのでは?支配者にとって正しい事を、数を覆して決められますよその場合、あなたが認めずとも、多数が認めてるんだからしょうがないでしょう。自分の意見が絶対だという驕りはどうかと思いますがね。それが民主主義というものです。良くも悪くも。少数意見が優先されるならば、それはもはや独裁政治です。悪い民主政治と良い独裁政治。どちらがより質が悪いか。頭を悩ませる問題です。改憲するかどうかは国民が選んだ議員の賛成の数で決まります反日勢力の声の大きさなどで決まるものではありませんそれが議会民主主義というものですいやなら中共とか北朝鮮のような全体主義の国に帰る事です日本国民の「数の力」で決まります。反日「市民」の数ではありません。民主主義、とりわけ議会制民主主義、間接性民主主義というのは最終的には「多数決」です。数こそが民意とされる制度が、議会制民主主義です。当たり前の話です。なぜなら、そうしないと物事が何も決まらないからです。全会一致なんてあり得ません。必ず、反対する人はいます。全会一致じゃないと決められないのなら、何も決まらないのは目に見えています。それでは国は回りません。改憲について言えば、発議して、国会が承認したとしても、その先には国民投票があります。最終的な民意は、そこで確認されるのです。日本人のほとんどが改憲望むなら改憲すべき。あたりまえのこと。現実に国民の支持の反映の国会の議席の過半数を持っているので、国民の支持が無い政党の意見など聞く必要はないですが、改憲の決定は国民投票で決まります。現在野党の民主党系の2党が政権時に制定した感染症特措法にも国会の説明しないといけないと言い出しています。何でも反対の野党は全く必要ありません民主主義だから、意見が分かれた時は最後は採決で決めないと前に進まないです野党も数を確保するためにも、何でも反対してないで有益な審議をしてほしいです憲法には数以外の条件が書いてないから、おかしいと言うなら憲法がおかしいので早急な改憲が必要だが。> 平和憲法の改憲は「数の力」だけで決まるのですか?最終的には、国民投票で過半数の票で憲法改正は承認されます。これは民主主義の多数決原則に適った正当な手続きですが。国会議員があーだこーだと言っても、国民がそれはダメだと思えば国民投票で否決されます。国民が良いと思えば、改正されます。何か問題でも?どうも護憲派と称するパヨクの方は、自分だけが正解を知っており、他の愚民は何も知らない馬鹿だと思っている態度が鼻につくのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です