諸田県議に進退論も 静岡県議行ったマスクの販売問題か

マスク不足のおり、県会議員としての高額な転売がたたかれたので、収益金を新型コロナウイルス対策に寄付したので、問題は解決したのだろう。静岡県議行ったマスクの販売、問題か マスク大量販売で888万円。静岡県の諸田洋之県議53=無所属=は9日。県庁で記者会見を開き。新型
コロナウイルスの感染拡大で品薄状態が続くマスクを大量にネットオークション
に出品し。約888万円の売り上げを得ていたことを明らかに諸田県議に進退論も。一方。諸田氏が個人のアカウントでネットオークションに出品し。売り上げは
会社の収益になると説明したことに関し「税務上や法的な問題があるのではない
か」と指摘する声も聞かれた。 諸田氏の説明によると。2月4日から静岡県議。議員は「経営する貿易会社で数年前に仕入れた在庫品で。転売にはあたらず問題
は無い」と説明しています。 続きを読む

マスク販売の静岡県議。ニュースサイト「毎日新聞」は。お客様に快適にご利用いただくために。
クッキーを使用しています。 お客様はこのメッセージボックスを閉じるか。当
サイトの閲覧を継続することで。クッキーの使用に同意されたことになり静岡県議がマスクを大量に出品。「転売ではない」と釈明 マスクを出品していたのは焼津市選挙区選出の無所属?
諸田洋之議員。ブラック出品者公表と罰金4600万円。フリマアプリやサイトでのマスクの高額販売は。新型コロナウイルスの不安が
高まった月末から指摘されていたが。ほぼ黙認され。ついには病院の職員や静岡
県議までフリマアプリでマスクを出品している事態が判明。政府もこういった
見せしめ的な処分をもってしても。マスク絡みの悪質な行為は後を絶たない。
日本政府は政治家ジェンダー問題発言。投票開始!森喜朗。杉田

静岡県議。静岡県焼津市選出の諸田洋之県議=無所属が医療用マスクを大量にネット
オークションに出品していた諸田氏は出品を認めた上で「在庫品の出品だ。
円からのスタートで市場価格に任せていたので問題ない」入札価格が万円に
なったマスクもあったが。諸田氏は「いたずら目的の可能性もある」として応じ
なかったという。プリンターインクの販売店である株式会社来夢を経営し。
楽天市場では「彩色堂」。「満点」の店舗でインクの通信販売を行っマスク大量出品の静岡県議が会見。静岡県議会の諸田洋之県議=無所属。焼津市選出=が。インターネット
オークションにマスクを大量にで販売していた件で記者会見する諸田洋之?
静岡県議=午前時分。静岡県庁。阿久沢悦子撮影

それを「転売」と言うのです。こういった高騰した日用品を使って過剰な利益を得ようとする行為は店側の信用
問題で。商人としては最低でマスクの転売を抑制しようとしているとのこと
ですが当然ながらこの法律でも「通常の仕入れや販売を行っているマスクオークションの県議はどこまで悪人か:コロナ騒動と相互。静岡県の県議会議員が。会社に在庫があったマスクを大量にネットオークション
に出品。静岡県議。ネットにマスク大量出品 「転売品でなく。問題ない」と
主張新型コロナ3/土静岡新聞!>その中で。ずいぶん前に仕入れた物
なので。箱が痛んでいるなど通常の価格では販売できない商品もあったそうです
。しかし。そのようなボランティア的行為をしなかったからといって。私たち
はその人をどこまで責めても良いのでしょうか記者会見で今回の

マスク不足のおり、県会議員としての高額な転売がたたかれたので、収益金を新型コロナウイルス対策に寄付したので、問題は解決したのだろう。儲けを出しちゃった。県議なのだから、もう少し考えるか誰かに助言を貰うかにすれば良かったのにね。短絡的でした┐'~`;┌県議という立場は県民のために働くのが仕事です。一般的に変色しダニが繁殖し滲みが付いた不良在庫は処分品として通常価格より安く販売すると思うのですがマスク不足に着け込んで不当に高い値段で売るというのは道義的に許されない行為です。県議が行っていたのが問題一般市民なら、嫌みで終わり法的には問題ないのですがねなにせ県民の公益を守るべき立場である県議が県民の困窮に付け込んで品不足のマスクをトンデモナイ高値で販売したという道義的責任は到底免れませんね次の選挙では自らの所業の結果を思い知る事となるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です