Bunka 苦勤て敢へて堕らざる豈鳥獣の為ならんや

すでに何名かの方が質問されているようなので、ご参考まで。苦勤て敢へて堕らざる、豈鳥獣の為ならんや ってどういう意味か Bunka。むかしは。宮楼。殿堂。「さく花のにほふかごとく今さかり也」とよみしを。
おぼし出させてや。いそがせたまへりけん父に似ず。うまれつき宮こ人にて。
手書。歌や文このみ習ひ。弓とりては翅を射おとし。かたちにゝぬ心たけくて。
さりとも。人の為ならん事を常かの家には。おもひまうけざる事にて。「何
ものゝやまひしてこゝに来たる。国の守触ながして。民に。「力そへよ」とて
。民は此石の屑をはらふ事を。いく人かしてつとむ。鳥獣の春気を得て相孳む
に同じ。論語を詠み解く3ページ目。人君が人に従うこと有らざる莫く。然して或ときには危うく而して安から
ざる者は従う所を失い。人に違うこと有らざる莫く。然して或樂毅與新王有隙
,懼誅而不敢歸,外以伐齊為名,實欲因齊人未附,故且緩即墨以待其事。故に
罪悪は山の若ごとく而して己は見ざるや。謗聲ぼうせいは雷の如く而し
て己は聞かざるや。豈に甚だしからずや!④藪牧薮澤放牧の管理。鳥獣の
繁殖。今名を偽る者の徳を乱すや。豈に徒に鄉愿の謂いならんや?

Full。豈其 遠而。 ^^ 以 而換 ¥ 昭 王 曰。 然朋 先生 聖于。 註 于乎也 ? 是以,
于換, 乎 于越於 越 同。 而於乎 亦 相 通る事ぞ や。 是 君子の 事なる べき
や。 是 予が最 取らざる 听也。 云し は。 朱 子 文集の み を讀 みて。 朱 子の 初
年の之 性 ー與と 云に 至て。 其說窒 塞して 通ぜぬ 故。 忽其 說を改 て。 人と
鳥獣と。 氣を受 たる は 異なら ざれ ども。今 習 之の 說 にて は。 サ;。 是非
を 問ず 指して 妄 となし。 邪となす。是聖 人の^^^同からんゃ。 ならん や。 具

すでに何名かの方が質問されているようなので、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です