Untitled 対て上杉景勝柴田勝家追い詰められ本能寺

不運もありましたが、織田信長の力が増大したのと同時に謙信時代の上杉家の人材が次々と失われて行ったからですよ。謙信没後の上杉軍なぜあん弱かったんでょうか
謙信織田戦った手取川の戦いで4倍の織田軍対て上杉軍圧勝て 対て、上杉景勝柴田勝家追い詰められ本能寺の変無ければ武田勝頼の二の舞なるころでた なぜあん弱体化たのでょうか っ、魚津城の戦い10倍以上の戦力の開きあり 生涯でたった1度しか笑わなかった上杉景勝:「真田丸」を100倍。上杉謙信から家督を継ぎ。重臣?直江兼続とともに上杉家の発展に大きく寄与
した上杉景勝。途中で武田勝頼が味方についた辺りから形勢が逆転し。見事に
家督を継ぐことになりました。 春日山城の上杉景勝屋敷跡 もうつは織田家との
合戦です。武田家が滅亡した後。織田家の滝川一益や柴田勝家などが一気に大軍
を率いて攻めてきました。絶体絶命のピンチで。滅亡寸前まで追い詰められた
矢先。本能寺の変が起きたことで。織田軍が撤退していき。九死に一生

明智光秀が描いていた「本能寺の変」後の世界とは。「本能寺の変」を決行した明智光秀は。衝動的にクーデターを起こしたわけでは
ない。いわば四面楚歌という状況にあった上杉景勝は。織田軍との最前線に
あった越中の魚津城と松倉城魚津市を守るために。本隊を率いて月日に
これ以前に景勝は。魚津?松倉両城を守る将兵を無事に越後に帰還させるため
に。織田軍の司令官?柴田勝家と一時的に和議を結んだとみられる。以前から
密接な関係がなければ。将軍義昭がそのようなことをするだろうか。上杉家。その後。上杉謙信が病死した際に謙信の養子「上杉景勝」と「上杉景虎」の間で
起こった跡継ぎ争い「御館の乱」で。上杉景勝を支持。最終的には武田家に
追い詰められて上杉家に救援を求め。村上義清は上杉家の客将となるが。その際
に子の国清は越後の名家で。上杉謙信の死後。織田家の柴田勝家が越中に
攻め寄せ「魚津城」を攻め落とし。直後に「本能寺の変」で撤退した際には。
彼が椎名家の当主となった頃。椎名家は上杉家に従属しており。神保家とも講和
していた。

車山レア?メモリーが語る信濃戦国時代後期。永禄3年に?香坂氏の所領のある松代の東条近くに。武田氏の川中島の拠点
となる海津城が築かれ?宗重が海津城に在住する手当として。同年6月15日付け
で。更科郡横田伊那一郡を毛利秀頼。諏訪全郡が河尻秀隆に。小県?佐久両郡
が滝川一益に与えられた。この機会に。越後に居た貞慶の叔父小笠原貞種が。
上杉景勝の援助を得て木曽氏より深志城を奪い返した。景勝は北信4郡の制圧
こそが。当時の情勢下であれば。最悪確保されなければならない要地であった。Untitled。少なくとも。謙信死亡直後の段階で景勝が家督欲しさに景虎を敵に回 はじめに。
上杉景勝と上杉景虎と云う二人は。どのような人物であっが国主になることを
よしとしない者に景虎は担がれ。敵対させられてし とにして少なくとも同七一五
六四年以前。ともすると末子ということもあり。幼少のころより箱根湯本の早
雲寺住職であ年譜』によれば。景虎は北条氏康の末子であり。武田勝頼は査
なので。たものと思われるが。そうでなければ。なぜ衝突場所が春日山と御館

孤高の武将?上杉景勝がいち早く秀吉に臣従した理由。上杉謙信の死後。御館おたての乱とよばれる家督争いに勝利して家督をついだ
上杉景勝は。武田勝頼と結んでいたため。そして。勝家の軍勢が景勝の最前線
の城となっていた越中の魚津城富山県魚津市を攻めているとき。本能寺の変
が秀吉が柴田勝家より優位に立つことになるが。勝家が出遅れたのは。上杉
景勝の動きがあったからである。をたてて景勝に勧め。景勝に従った直江兼続
には秀吉の御茶頭千利休がお茶をたてていたことが知られている。弾薬も城兵も尽きた絶望の80日間。現在は大町小学校が建てられている。じつはこの今回は。この歴史に埋もれて
しまった魚津城を舞台に。織田軍上杉軍の激しい攻防戦をお伝えする。 早速。
富山県同年。織田信長は越前の朝倉氏を破り。天正年年には長篠の
戦いで武田勝頼に勝利。これを弾み司令官に柴田勝家を。その与力に佐々成政
さっさなりまさや前田利家などを配置した。ようやく上杉景勝かげかつ
で決着がつくが。上杉家への求心力は低下することになる。

徳川家康:。賤ヶ岳の戦いで柴田勝家を下し。故織田信長の後継者としてポジションを固めた
羽柴秀吉の眼が。遂に徳川へやがて繰り広げられる抗争は。表向きは織田信長
の遺子?信雄と秀吉の確執から起こる戦いながら。実質的には家康VS秀吉の
代理戦争に他なりません氏直木曾義昌上杉景勝毛利輝元松平清兵衛。かつて
家康に「初花の茶壷」を献上した保田の花王院。家康が対秀吉としては。
こうやして徐々に勝家を刺激し。その立場を追い詰めてゆく必要があった。センゴク。出世するほどに苦しくなる」と一瞬の倦怠を抱くが。秀吉の古参兵として重職を
委ねられていく。本能寺の変が起こり。山崎の戦い前に再び仙石隊の陣中に
現れ。京近辺の地理に精通してることを見込まれ羽柴軍に陣借り暫くは織田
兄弟の器量の無さ。宿老による合議がなければ何一つ決められない現状に業を
煮やしていたが。“下克上のて湯川党と交戦したが。想定を超える敵の大軍に
加え。過酷な山中戦を強いられたことで精神的に追い詰められたが。妻は武田
勝頼の妹。

不運もありましたが、織田信長の力が増大したのと同時に謙信時代の上杉家の人材が次々と失われて行ったからですよ。謙信時代の上杉の勢力圏は、越後、越中、能登、飛騨、東上野、そして、「手取川の戦い時」には加賀まで攻め込んでいました。また越前半国までも及んでいたと言われます。武蔵は一応除きます。つまり、謙信が命令すれば、これらの領国から兵を動員、もしくは協力体制を得ることができた訳です。ところが謙信の死後これらの上杉領は次々と失われて行きました。天正6年1578年3月13日謙信が死去。翌14日景虎派の「柿崎晴家」が暗殺されたとの説もあり、謙信の死去直後から事実上「御館の乱」が開始されたとの見方もできます。「御館の乱」では約1年間に渡り内戦が続き、上杉氏の軍事力は明らかに衰退していました。また越後国外の領国は御館の乱中はほぼ上杉氏の援軍を受けられない状況にあり、織田信長による侵食を受け上杉氏はて次々と領国を喪失して行きました。飛騨では有力国衆の「江馬氏」が内部闘争の末に上杉謙信に従属しました。しかしやがて信長の支援を背景とした?姉小路頼綱三木自綱」が台頭し、飛騨はほぼ信長の勢力圏となって行きました。そして謙信の死後、信長はまずこの飛騨方面より越中へ侵攻。越中では上杉氏の重鎮で越中の要であった?河田長親」がいましたが、御館の乱中には上杉氏の援軍を受けられない状況にあり、10月4日には越中国の?月岡野の戦い?現、富山市上栄周辺において織田軍の戦巧者の「斎藤利治」信忠家臣に敗れる事態となっていました。この戦いの結果、日和見の越中国人らが続々と織田氏に帰順し、越中国内の勢力図は塗り替えられ上杉氏の劣勢が決定的となりました。しかし冬の厳冬期に入った為と、同じく10月に上方における織田家の「荒木村重」の謀反があり、織田軍の主力は撤退した為に上杉軍は何とか一息つけました。しかし、御館の乱中に、関東への進出路である上野国の沼田城を北条氏に奪われ、また会津の「蘆名盛氏」軍により越後国内の蒲原安田城が奪われました。蘆名軍は新発田まで進撃しましたが、景勝派の「五十公野治長新発田重家」の奮戦により食い止められました。そして同じく10月頃三国峠を越えた北条軍に越後樺沢城を奪取されるまで事態は悪化。しかし幸いにも雪に閉ざされる冬季となった為に北条軍は主力が撤退し、この間に景勝派は攻勢を掛けて景虎派を追い詰めて行きました。翌、天正7年1579年3月景虎は自害し「御館の乱」は大勢は決しました。そして8~9月頃能登でも異変が起こりました。能登には、上杉軍の要として七尾城に「鰺坂長実あじさか ながざね」が城将を務めていましたが信長に通じた配下の国衆らに追放されてしまい、上杉氏は能登をほぼ喪失しました。そして天正8年1580年3月ついに10年にも渡った信長と石山本願寺の戦いが終結。これにより信長軍の北陸方面軍の「柴田勝家」軍の動きが活発化。8月頃越後国にて景虎派残党の最後の抵抗が終結。11月柴田勝家軍によりついに加賀一向一揆が制圧され加賀国が平定。加賀一向一揆は謙信とは激しく戦いましたが、対信長戦においては協力体制を取ったりもしていて、先の手取川の戦いでは柴田勝家の進撃を妨害した為に柴田軍の七尾城救援が間に合わなかったとも言われています。そして天正9年1581年3月、信長の家臣の?菅屋長頼?が七尾城代として派遣され、能登はほぼ信長の勢力圏となりました。後に前田利家が能登一国を与えられます。そしていよいよ越中国への信長の攻勢は本格化。同じく3月上杉氏の越中の要であった河田長親が越中松倉城で39歳の若さで病死。これにより越中国人衆の過半が織田氏へと鞍替えしてしまう事となりました。そして6月新発田重家が上杉景勝に反乱。御館の乱における恩賞への不満から独立行動を起こしました。御館の乱における各武将への恩賞には明らかに不公平で偏った面もありました。そして信長からの調略を受け、彼の支援もあり反乱を起こしたのです。また信長の意向もあり、会津の盛氏の後を継いだ「蘆名盛隆」と「伊達輝宗」も新発田重家の支援していました。またそれ以前に、御館の乱で新発田重家を景勝陣営に引き入れた「安田顕元」が景勝と重家の板挟みに合い、責任を感じて自害してしまいました。安田顕元は川中島の戦いなどでも活躍した上杉氏の功臣でもありました。7月越中国の願海寺城の「寺崎盛永」、木舟城主の「石黒成綱」などが謀反の疑いで信長陣営により次々と粛清されました。信長が本格的に越中国へ攻勢を強めて来た証しでもありました。そんな中の9月上杉家でまたしても大事件が起きました。春日山城内にて重臣の「直江信綱」と「山崎秀仙」が「毛利秀広」に殺害され、毛利秀広もその場に居合わせた他の家臣により討ち取られました。毛利秀広は、御館の乱において恩賞を条件に景虎陣営から景勝へと寝返った人物の1人でした。ところがその恩賞らは履行されず、その原因は景勝は履行に賛成したが重臣の山崎秀仙が猛反対した事によるものでした。それを知り激怒した毛利秀広が山崎秀仙を襲撃し、直江信綱が巻き沿いを食った形でした。山崎秀仙は、謙信の教師的役割として思想面などで影響を与えた人物です。上杉家使者として織田信長などにも接見?折衝を行ったりもしていました。直江信綱にしても御館の乱において活躍して景勝に重用され、これからの上杉家を支えるはずの人物でした。御館の乱は、乱の終結後も上杉家に大きな爪痕を残し続け上杉家の力を削り続けていたのです。ちなみに、直江信綱の後を継いだのが、景勝の命令により婿入りした「樋口兼続」=「直江兼続」となります。そして翌、天正10年1582年2月より開始された信長軍の甲州征伐により、3月、武田家が滅亡。同じく3月北陸戦線の柴田勝家軍は4万の軍勢で越中国の上杉方の魚津城を包囲。上杉軍は3800という寡兵でよく戦います。しかし上杉景勝は、越後本国に北信濃の海津城から「森長可」が、上野国の厩橋城より「滝川一益」が越後へ睨みを利かせ、更に新発田重家の反乱という3方向の敵に対している為に中々援軍を送れませんでした。5月19日ついに上杉景勝は、援軍を率いて魚津城近くの天神山に到着。しかし織田軍の大軍の前にして救援できませんでした。しかも恐れていた通り、海津城から森長可が、そして厩橋城より滝川一益が動きました。特に森長可は手薄な本拠地の春日山城に肉薄しました。5月27日上杉景勝軍は撤退し魚津城の運命は決まりました。そして6月3日ついに魚津城は落城し上杉軍の在城していた十二人の将が共に玉砕しました。上杉謙信時代から活躍していた中条景泰 、竹俣慶綱、吉江信景などもその中にいました。藤丸勝俊 、亀田長乗、若林家吉は元加賀一向宗門徒の指導者たちです。上杉家一門の山本寺景長も含まれていました。上杉景勝は救援が絶望的な為に在城していた十二人の将に魚津城の明け渡しと織田軍への投降をも許可していたとも言われます。しかしそれにも関わらず、彼らは上杉家への忠節を曲げず自分たちの耳に穴を開けて、そこへ自分の名前を書いた木札を全員で結び自刃しました。御館の乱を生き残った大切な人財がまたしても大勢失われてしまいしました。もはや上杉景勝の上杉家は滅亡の危機にも瀕している状態でした。この様に謙信の死後、御館の乱において上杉家中は分裂し、織田信長の攻勢受けて領国を次々と喪失して軍の動員力を失い、御館の乱終結後も上杉家を支えていた人材らが次々と失われてしまっていた状態でした。よって謙信時代に比べて大きく力を落としていたのは明らかでした。また関東方面においても、永禄9年1566年、上杉謙信自身が率いた軍が千葉氏の家臣「原胤貞」の治める下総臼井城にて大敗。その為に常陸?上野?下野の諸将が離れていく情勢になり、上杉家による関東平定は困難な状況に陥っていました。更に、永禄12年1569年1月上杉謙信と北条氏政のの間で「越相同盟」が成立するに至り、上杉派の関東諸将は謙信に対して不信感を抱くようになり、反北条氏勢力は、佐竹氏などを中心に北条氏に対抗するようになって行きました。つまり関東での上杉家の信用はガタ落ちしてしまっていました。よってこの様に、上杉景勝時代の上杉軍は、領国を次々と喪失して軍の動員力を失い、上杉家を支えていた人材らが次々と失われてしまっていた状態だったのです。ですから、川中島で激闘し、手取川では織田軍を撃破し、その他、関東の小田原城まで攻め込んでいた精強なる上杉謙信時代の上杉軍と比較するのは酷というものなのですよ。上杉謙信の軍勢の主力は越後勢でしたが、その軍勢が越後いがい、で合戦する場合、上杉謙信が総大将なら、この合戦は上杉軍が勝てると予想して地元の武者ら大勢、加勢しました。これが上杉景勝が総大将だと、地元の者ら、織田軍のほうが勝てるわと思ったので上杉軍に加勢が多く集まらなかったようです。すなわち上杉謙信と上杉景勝では謙信のほうが合戦に長じているとの当世の評判だったのでしょう。色々原因はあると思いますが、やはり謙信公亡き後の跡目相続の争いとなった?御の乱?でしょう。この争いで上杉家が真っ二つの内乱状態で、一応の解決に2年、その戦後処理にも問題があり景勝配下内でもひと悶着あって、一部家臣が離反???と、このようなガタガタの状態ではまともに戦はできないかと思います。また、悪い事に同じ頃甲斐武田家が滅亡し南からも織田軍が迫っていました。本当に良く生き残ったものと思います。御館の乱があったからです。上杉家の家督相続争いで、半分が景勝ではなく、景虎側について、それを倒したので、上杉の戦力は半減しました。上杉謙信が後継者について明言しておけば、こんなことにはならなかったのでしょう。武田勝頼が駿河、遠江を占領したってくらいの戦力が本来ならば上杉家にも残っていたはずです。謙信公が天才だったからです。景勝も弱くはないのでしょうけど???あと相手織田が悪かった。同じ理由で毛利も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です